出会い

2014年05月13日

傷のついてしまったレンズは、修復不可で交換となります。

メガネのハマダ(@meganenohamada)です。



チョット写真は見づらいですが、まるで囲ってある部分にキズが入っています。

見た感じ、段ボールの端や固いプラスチックでこすったような傷跡。
摩擦熱で傷が入ってしまったような状態です。



傷が入ってしまったので、直せないか?というお問い合せは昔からよくあります。
しかしながら、直せません!

対応としては、レンズ交換となるのですが、これで眼鏡屋が儲かる・・・
のは、事実ですが、こうやって儲けようとしているのではありません。

そして、売上を上げるために直せないといているわけでもありません。


レンズでないとしたら、このプラスチックの塊は、
傷ついた部分を削り取り、磨いた後、再コーティングという処理になりますが、

コレ(↑)をやるだけで、バカ高いお金がかかりますし、まず、やってくれるところもないでしょう。


交換とするしかない理由は、

処方された度付きのレンズは、「素材の屈折率」と「レンズの厚み」と「レンズのカーブ」
によって、度数を出しているので、厚みを変えてしまうと、度数が変わっちゃうんですよね。

これが修理できない理由の1つというか、最大の理由です。


今日はここまでです。つまらない話で失礼します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


店舗情報
ほんどおり商店街の真ん中あたり(アーケードの中)です。
【住所】鳥取県米子市紺屋町46番地
【営業時間】10:30〜19:00
【定休日】第1、第3 木曜日(&突然)
【TEL】0859-57-5621 【FAX】082-553-0608
【E-mail】info@megane-no-hamada.com


ネットショップ


老眼鏡ショップ:メガネのハマダ
サングラスショップD
<駐車場地図>“F”が当店の駐車場になります

大きな地図で見る
posted by 浜ちゃん at 12:51| 鳥取 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。