出会い

2016年03月25日

コスプレ用のサングラス(ドフラミンゴの)を作った話

皆さんお待ちかねのあの話です。
満を持して(みんな、もう忘れただろう というタイミングを狙っての発表)

彼の登場を初めて見た時から、いつかだれか言い出すんじゃないかと思っておりましたが、
意外なところから依頼が来た!(日本だけど、東の方ね)
販売じゃなくて、おそらくイベント用の小物としての制作依頼。自分じゃできないからって。
ですので、儲かりはしません!商売でもありません!(材料費はいただきましたけどね)


有名なキャラなので、まあ、言っちゃいますが、
ワンピースのドフラミンゴです。
本編では彼の出番も終わり、もう依頼もないんじゃない的な時期です。


以下、流れは大体こんな感じです。


制作用の資料が送られてくる


この手の話というか、レイヤーさんが、というか
眼鏡屋さんは、知らないだろ的な前提で資料を最初にいただきます。

当方としましては、たとえ知らなくても調べますし、
知らなかったら、お聞きします。

問題なのは、
・どの登場シーンのモノ(サングラス)か?
・漫画か?アニメか?
というところです。

そこにこだわりを持っていらっしゃる方は、「違う!これじゃない!」
とかになるでしょうし、そこは指定していただいたほうが助かりますね。



とりあえず、無理!と言ってみる


資料がアニメ版というのは、正直キビシイ。

漫画原作版でもよくありますが、アニメ版ですと、ディティールが省かれている場合も多く、
よくよく見ると、“つる(テンプル)”がなかったり!

原作版でも、サングラスだけの描写では、ちゃんと作れそうな絵になっていますが、
動画では、省かれてたりするので、

「テンプル部分は、“あり”のものしか作れません」
と確認する

あと、ここからは、予算次第で作りが変わってきます。
ここで、質問するのは、
「ご予算は?」
「お顔のサイズは?」
です。

予算が合わなければ、お断りですが、
以外にも最低予算のところで折り合いがつきました。

サイズに関しましては、眼鏡もおかけになったことがないようでしたので、
「M」くらいで。
とのことです。


眼鏡にその基準はないんですが、服の延長だと思われていると、そうなるかな。


何mm とは言わないまでも、顔が大きいとか、小さいとかでよかったんですが。

ドフラミンゴ用サングラスのポイント


なんといっても、あの独特のレンズの形ですよね。

その前に、眼が見えないようにしなければならない!




そして、予算関係で言えば、
使用するフレーム

予算が許せば、メガネ用のフレームを使って、かなりすっきりまとまるのですが、


低予算だと、既成サングラスの中から良さ気なのを選ぶことになります。
で、今回はこっちです。


また、フレームのフチがあるのですが、これを新造するとなると、
また予算の上澄みをしなければなりませんので、ここはペイントでごまかします。

レンズは、親しい色のカラーレンズがありませんので、
ベース色+偏光レンズの組み合わせで再現しております。

このローズレッドを貼り付けております。




せっかく、うちに依頼が来ましたので、そのへんで買って、簡単に再現できるような仕様にはしておりません。
一般的には、レンズを2枚貼りあわせて、カラーを再現するという考えはなかなか無いでしょうし、
そのカラーのサングラスレンズ多分売っていない!

張り合わせたローズレッドも加工前の状態でレンズのみを売っているところも少ないはずです。
というか、両方を取り揃えている店舗やネットショップは、見つからないでしょう。
裏メニュー的なものですし。

レンズの加工


レンズの形が面倒で、多分ここが理由で、グッズ販売できなかったんではないかと思います。

機械で加工するにも、ヤスリで削るにしても、レンズ上部の耳側とレンズ下部の鼻側が削れませんので、
紙やすり等で手で削ることになります。



枠に白いところは、ペイントで。
偏光レンズの耐性もありますので、ここは水性塗料。
薄っぺらい感じを無くしたかったので、不格好ですが、何度も塗り重ね、ちょっと立体的に。

もう少し、キレイ仕上がるのですが、それには少し多めにマスキングテープを用意しなければならず、
予算面で断念!



フレームと貼りあわせ


フレームも白く塗らなければいけませんので、ここもペイント。
しかし、前面に貼った偏光レンズ物とは違い、耐久性を考えて油性

ものと既成サングラスの塗料をヤスリで削って、少し綺麗にしてから(#400 → #1000)、塗装


貼り付け前


貼付け後


実は、安っぽいかもしれませんが、ちょっと厚みのある両面テープを重ねて、
白く塗った裏に貼っております。

元々付いていたベースとなるレンズのカーブと貼り合わせる偏光レンズのカーブが違い、
浮いてしまうからです。

また、ご本人のお顔を知りませんので、鼻幅がわからないので、調整してもらう形で。
狭いほうがカッコいいのですが、私で試した所、鼻に刺さります!

そして、ベースとなるレンズは、フレームに沿うような形で付いており、それがレンズを固定しているのですが、
今回、かなり削りましたので、そのままのツーポイントだと不安定になりますから、ポイント部分の固定をメガネ用のワッシャーを入れて、
さらに「固定+クッション性」を持たせるために、すき間に“木工ボンド”を流し込んであります。

完成









最後までお読みいただき、ありがとうございました。



来店予約



クービック予約システムから予約する



店舗情報
ほんどおり商店街の真ん中あたり(アーケードの中)です。
【住所】鳥取県米子市紺屋町46番地
【営業時間】13:00〜19:00
【定休日】第1、第3 木曜日(&突然)
【TEL】0859-57-5621 【FAX】082-553-0608
【E-mail】info2@megane-no-hamada.com


友だち追加数 ハマダ ダイスケのツイキャスをパソコンに通知!


ネットショップ



老眼鏡ショップ:メガネのハマダ



サングラスショップD



<駐車場地図>“F”が当店の駐車場になります

大きな地図で見る









初心者にもわかりやすいサービスです



ドメインの種類が豊富で、安い!



無料サーバーで費用を安く抑えたいなら、



とにかく、何でも出来そう・・・



wordpress専用:割りきって使うなら

posted by 浜ちゃん at 23:31| 鳥取 ☔| サングラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。